ちょっと映画紹介 炎628

こんにちは、梅雨だとテニスが出来ないIBKです。

今回は軽く「炎628」という映画の紹介でもしようかと思います(内容は軽くないんですが)。

炎628(原題:Иди и смотри)はソ連(今のベラルーシ)の映画で1985年公開、監督はエレム・クリノフです。

舞台は1943年のドイツ占領下のベラルーシ。1人の純粋な少年が無邪気にもパルチザンに加わろうとし周囲の反対を押し切って銃を掘り起こしたことがきっかけでした。この少年フリョーラがパルチザンに加わったため彼の村人全員が反対分子としてドイツ軍に虐殺されます。彼はそのことを信じられず、森で出会った少女グラーシャと共に沼地を逃げ回ります。その後パルチザンに合流しますがそこで待ち受けるのは常に死と隣り合わせの生活。一緒にいた仲間が爆撃を受け次の瞬間には死体も残っていない、なんて日常茶飯事です。

しばらくして彼は濃霧の中1人で迷ってしまいました。ようやく見えてきた村に入るもそこにはすでにドイツ軍がいました。ドイツ軍は村人に対し教会に集まるように指示し歌ったりロシア語で話しかけたりして安心させます。しかし1人のウクライナ人SSが「ようこそ!」と言うとドイツ軍兵士たちは村人たちを教会に押し込んでいきます。そして外からカギをかけます。大混乱の教会にドイツ軍将校が窓から指示します。「子供をおいて窓から出てこい」巻き込まれたフリョーラは窓から出ますが同時に出てきた母子は母だけ連れていかれ子供は中に投げ込まれました。悲鳴が響く中ドイツ軍は教会内に爆弾を投げ込み、銃を乱射し、そして火炎放射で焼いてしまうのでした。恐ろしい悲鳴が空間に鳴り響く中ドイツ軍兵士は皆笑います。大爆笑です。そして1人の少女を取り合っています。地獄です。フリョーラはただ空を見上げるほかありませんでした。

場面は変わってパルチザンがドイツ軍の車列を奇襲し、一部の兵士を捕虜にしていました。パルチザンは怒りを露わにし「殺すだけでいいのか!」などと言い合います。その中ドイツ軍兵士、特にウクライナ人はロシア語で「我々はドイツ人じゃない」「我々はやらされた」と必死に弁明、しかし1人のドイツ人は冷静にこう言いました。

「共産主義は劣等人種に実る。全ての原因は子供にあるのだ。だから殺すのだ」

通訳は動揺し、必死に見苦しい弁明をしますが1人の発狂したパルチザンが発砲したのをきっかけにパルチザンによって捕虜は全員射殺されます。パルチザンが暗い雰囲気の中移動をする際、フリョーラはヒトラーの肖像画を発見します。そしてそれに対し発砲をし続けます。そしてワグナーのワレキューレをBGMに時がどんどん戻っていきついにフリョーラの前に赤ん坊のヒトラーが現れます。フリョーラは撃てませんでした。そしてパルチザンに合流し森の中を進んでいくのでした。

なかなかえぐい内容です。あまりお勧めはしませんが、興味深い映画ではありました。戦争が人間を破壊していく様やドイツ軍将校の言葉とそのあとのシーンでは考えさせられます。

パルチザン入りたてのフリョーラは凛々しい顔をしておりますが

終盤ではこんなに老けてしまいます。戦争が人間に与えるストレスは恐ろしいものです。

さらにこのシーン、フリョーラがヒトラーの肖像画を撃つたびに時間が戻り、古い映像が流れていきます。

そして時間はどんどん遡ります。これは第一次世界大戦中のヒトラーの写真です。

そして最後にはこの写真になります。有名な母クララとの写真です。この瞬間フリョーラは撃つのを躊躇います。そうです。残虐な虐殺者と言われるヒトラーもかつては子供だったのです。そしてここでドイツ軍将校の言葉が胸に刺さります。

「全ての原因は子供にある」

しかし原因だからと言って子供を撃つことはできるのでしょうか?それは正しい行為なのでしょうか?これはパラドックスになりかねません。では我々はこのパラドックスを解くにはどうすればいいのか。この映画は問いかけてきます。

この映画は小道具など細かいところにもこだわっています。例えばこのシーンではドイツの広報車がロシア民謡「コロブチカ」を流しながら村の中を爆走するといったものですが、ここでの自動車はメルセデス・ベンツL1500 Sという大戦時実際使用された車種です。インディ・ジョーンズにようにアメリカ車を改造しているわけではないのです。そしてこの車が流している音楽「コロブチカ」もヴァディム・コージン(Вадим Козин)の1939年のレコードです。この辺はさすがクリノフ監督と言ったところでしょうか。

教会を燃やすシーンはとてもではないですが直視できません。

日本も終戦から75年以上経過し戦争の記憶が薄くなっているように感じます。議論上で語る戦争と実際の戦争は大きくかけ離れています。統計学でも倫理学でも物理学でも化学でも数学でも心理学でも戦争は語れますが、人間の尊厳を破壊することは学問領域を超える残虐性があります。今一度再度戦争に対する認識を再確認すべきではないでしょうか。ただドイツが悪かったのでしょうか?ただ日本が悪かったのでしょうか?しかしそれを考え、アメリカ、イギリスが悪かったというのも尚早です。ファシズムは良くない体制です。そしてそのファシズムを作り上げたのは誰でどうしてそうなったのかなど、再度深く考える必要があります。戦争は絶対に美化できません。これは私も肝に銘じる必要があります。

(写真はКиноконцерн “Мосфильм”のYouTube 公式から引用)

IBK
鉄道、自動車、ゴルフ、テニス、クラシック音楽をこよなく愛しています。実はロシアに住んでいたことがあり、いつもロシアの地を夢見ている純粋な男子です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました