パーテーション管理アプリMiniTool Partition Wizardを使ってみた!

こんにちは!トビログ管理人のとびうおです。本日はパーテーション管理アプリMiniTool Partition Wizardの無料版を使ってみたのでそちらのレビューをしていきます。

そもそもパーテーション管理とは?

パーテーション管理という言葉自体を知らない方も沢山いると思います。そこで、まずはパーテーション管理がどういったものなのかをご説明します。

パーテーション管理というのは、簡単に言うと1つのHDD・SSDを仮想的に分割するということです。

「そんな面倒なことをするメリットあるの?」と感じるかもしれませんが、大きく2つのメリットがあります。

  1. 分割することで作業領域保存領域を分けることができる
  2. 分割して保存しているので、Cドライブが入っている方が壊れたとしても、片方のデータは残る

というのがあります。1点目は、読んでそのままですが、2点目は分かりにくいのでもう少し深掘ってみましょう。

CドライブとはOSが入っている場所です。仮にOSが壊れ、再インストールに迫られた場合、パーテーション分割をしていないとドライブ内すべてのデータがリセットされてしまいます。しかし、パーテーションで区切っていた場合はCドライブのみをインストールしなおせばよいので、Cドライブと区切られているドライブ内にあるデータは保持されます。

さくっとパーテーションを分割しちゃおう!

ということで、パーテーションの分割をしたいと思います。実際にWindowsの設定画面からやろうとすると、かなり面倒です。

そこで、非常に便利なソフトとしてあるのが、MiniTool Partition Wizardです。このソフトを使うことによって、簡単にパーテーションを分割することができます。

パーテーション管理アプリMiniTool Partition Wizardを使ってみた!
パーテーション管理アプリMiniTool Partition Wizardを使ってみた!

アプリケーションを開くと上のような画面が表示されます。今回は1番下のディスク4を分割したいと思います。

下図のように、分割したいところを左クリックしてください。

パーテーション管理アプリMiniTool Partition Wizardを使ってみた!

その後に、新規作成をクリックすると、以下のような画面が表示されます。

パーテーション管理アプリMiniTool Partition Wizardを使ってみた!
パーテーション管理アプリMiniTool Partition Wizardを使ってみた!

上のような画面が表示されるので、パーティションサイズを指定します。

ここは割り振りたい数を入力してください。

パーテーション管理アプリMiniTool Partition Wizardを使ってみた!
パーテーション管理アプリMiniTool Partition Wizardを使ってみた!

その次に、残りの方にもパーティションを割り振ります。

パーテーション管理アプリMiniTool Partition Wizardを使ってみた!
パーテーション管理アプリMiniTool Partition Wizardを使ってみた!

そうすると、無事パーティションが割り振れます。

ツールを使わない時と比べてはるかに簡単にパーテーションを分割できました!

ベンチマークもできる

MiniTool Partition Wizardにはパーテーション管理以外にも面白い機能が搭載されています。その1つがベンチマークです。

パーテーション管理アプリMiniTool Partition Wizardを使ってみた!
パーテーション管理アプリMiniTool Partition Wizardを使ってみた!

このように自分のSSD、HDDのベンチマークを測定できます。

ベンチマークも気軽に測れて便利です!

結論

本記事で紹介したMiniTool Partition Wizardは以下のURLからゲットできます。こんなにも簡単に、パーティションを分けられるということを知り、私自身とても驚きでした。リスク軽減という意味でもパーテーション管理はとても有用ですので、ぜひやってみてください!

MiniTool ソフトウェア | 最高のパーティション管理&データ復元 [ソフトウェア]
MiniToolは、ストレージ問題を解決するのに役立つ無料のディスク管理ツールおよびデータ保護ユーティリティを提供しています。また、その便利なメディア ツール ボックスでは、動画を簡単にダウンロードして編集することができます。
とびうお
ブログ管理人です!本人が書く記事は少なめ。。ごめんなさい))。

コメント

タイトルとURLをコピーしました