オスタルギーの象徴 トラバント

こんにちは、アルバイト代を全て模型に使う男IBKです。

東ドイツの特徴的な文化のことを懐かしみを込めてオスタルギーと言ったりしますよね。食器だったり建物だったり信号機のライトだったり…多岐にわたる品々があてはまる言葉です。そんな中でもトラバントと呼ばれる自動車はその象徴とも言えます。

トラバントはVEBザクセンリンク社が製造した東ドイツ向けの大衆車です。その車体の可愛さや見かけに反して性能が悪いことからトラビーと呼ばれていたりしますね。日本でもベルリンの壁崩壊後数台入ってきていたそうです。この前ヤフオクにも出ていました。経緯がものすごく気になります。

このトラバント、性能はものすごく悪いし車内は狭いしで車として物足りなさに溢れています。それでも今でもベルリン市民はじめとした多くのドイツ人に親しまれています。確か映画もありましたよね。ベルリンの壁付近のチェックポイントチャーリー近辺にはトラバントの博物館があります。愛くるしい車体にカラフルな色、そしてそれに似つかぬ悪性能。西ドイツの車とは明らかに違う何かがトラバントにはあります。皆さんも機会があればトラバント見に行ってみてくださいね。

ベルリンのトラバント博物館で購入した1/60のトラバントミニカー。今では大切な思い出の一つです。

ではではー

IBK
鉄道、自動車、ゴルフ、テニス、クラシック音楽をこよなく愛しています。実はロシアに住んでいたことがあり、いつもロシアの地を夢見ている純粋な男子です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました