ある道を進んで 〜音楽作成の道 その3〜

こんにちは!今回の「ある道を進んで」の題目は「音楽作成の道」です。「音楽作成の道」の歩き方について夏山よつぎさん(@seckarium)に突撃インタビューをしました!

始めた経緯

ーー音楽を始めた経緯を教えてください

自分が作った音楽を記録として残しておきたいという軽い気持ちで動画投稿を始めました。最初はコード進行もわからないまま作った拙いものでしたが、周りのクリエイターやリスナーからのコメントを頼りに手探りでやっていました。

夏山よつぎさん

音楽の遍歴について

ーー音楽遍歴を教えてください

音楽に目覚めたきっかけは小学生の時、ラジオでSEKAI NO OWARIの『スノーマジックファンタジー』を聴いたことですね。歌声や空気感が今まで聴いたことのないもので、自分の中の音楽という概念が一気に広がった気がしました。  

それから中学に上がり、いわゆるオタク友達の紹介でVOCALOIDを知りました。PC一台で曲を作ることができると聞いて自分でもやってみたいと思い、当時ちょうど発売されたVOCALOID FukaseとGarageBandで作曲を始めました。  

高校では吹奏楽部に所属していました。音楽理論や楽器の使い方などは大体そこで学びましたね。現在の自分の音楽は吹奏楽からもかなり影響を受けていると思います。

ある道を進んで 〜音楽作成の道 その1〜

作曲環境

ーーPCのスペックや商品名、DTMソフトに加えて使用しているプラグインなど教えてください

PCはMacBook Pro、DAWはLogic Pro Xを使用しています。LogicはGarageBandの上位互換的な位置付けなので、GarageBandから作曲を始めた人にはおすすめです。  

音源やプラグインはほとんどDAW付属かフリーのものを使っています。そもそもLogicの付属音源はどれもクオリティが高いので、あまり他の音源を買おうと思ったことはないです。  

オーディオインターフェースは昔からSteinbergのUR12を愛用しています。他のものも使ったことはありますが、この価格帯では一番質が良いと思っています。

普段曲を作る時にしているルーティーン

ーー普段曲を作る際に行っているルーティーンがあれば教えてください

自分は無理やり捻り出しても良いものは作れないと思っているので、作りたいものができるまでは何もしないで待ちます。  

ワンフレーズ思いついたら、そこから派生させて歌詞を書いていきます。その段階でおおまかなメロディーや曲の展開なども決めます。日頃から思いついたり発見した良いアイデアをメモに残しておくとここでとても役に立ちます。  

ある程度頭の中で曲の形ができたら、一気に打ち込んで形にしていきます。自分の場合は2〜3日、長くても1週間はかけないです。「鉄は熱いうちに打て」ではないですが、ここで時間をかけると中途半端なまま気持ちが冷めてしまうので、粗削りでも大まかに形作るようにしています。ここまでできればあとは細かい所を修正したりちょっとした楽器を足したりするだけです。  

VOCALOIDの歌入れは一番最後に行います。調声をすることで曲に命が吹き込まれる感じがして楽しいので。

ある道を進んで 〜音楽作成の道 その1〜

影響を受けている作曲家など

ーー影響を受けている作曲家などがいましたら教えてください

Neruさんとツミキさんには様々な面でかなり影響を受けていると思います。あとは他のボカロPさんからも少しずつって感じですね。基本的にVOCALOIDと邦ロックを聴いて育ったので、そのあたりが自分の音楽の基盤になっていると思います。

打ち込みか生かのこだわりについて

ーー「打ち込み」か「生」なのかあれば教えてください

自分はギターだけは生で録っています。他の楽器は打ち込みでもなんとかなりますが、ギターだけは再現が難しいのでそうしています。作るジャンルにもよりますが、ギターが弾けると曲のクオリティがかなり上がると思います

これから音楽作成を始めたい人に一言

ーーこれから音楽を始める人になにか一言あればお願いします

とりあえず作ってみることが大事です。よく「ボカロPになるために勉強中!」という人を見かけますが、個人的には本などで学ぶよりも実際に作ってしまった方が何倍も勉強になると思っています。また、一通り作曲をしたという経験の上で本を読んだ方が理解度が上がるのではないでしょうか。  

今はフリーでも良いソフトがたくさんあるので、まずは拙くても良いので一曲作ってみてください!

夏山よつぎさんインタビュー

夏山よつぎさんの最新の作品

ーー最新の作品があれば教えてください!

2月3日に最新曲『吸欠鬼』を投稿しました。ロック×ジャズ調のかっこいい曲になっています。もし良ければ聴いてみてください。  

今回はありがとうございました。

夏山よつぎさんのTwitter

インタビューありがとうございます!!これからも素晴らしい作品を待っています!

とびうお
ブログ管理人です!本人が書く記事は少なめ。。ごめんなさい))。

コメント

タイトルとURLをコピーしました