車を運転するときに意識したい…かも?

こんにちは、ローライコードで写真を撮る男、IBKです。

さて今回は自動車を運転するときに気を付けたいこと…というか私が普段気を付けていることを少しご紹介します。あくまで私個人の運転ですのでご参考程度にしていただければ幸いです。

1.追い越し車線はずっと走らない

これは教習所でも習うので常識ではありますが追い越し車線はあくまで追い越すためのものですから、ずっと走るのはやめましょう。煽り運転の原因は煽る側にある時もあれば煽られる側にあるときもあります。少なくとも煽られる要因を走行中には作りたくないですよね。

2.左をすり抜けてくる自転車やオートバイがいるときは気持ち右に寄ろう

道の大きさにかかわらず車道である以上、自転車やオートバイも自動車と同じ道を走ります。その際に車の左側をすり抜けて列の先頭にいく自転車やオートバイ、いますよね。こういった車両を追い抜いたのちに信号待ちをしているとすり抜けられるのが嫌で左に寄りたくなってしまいますよね(思わない方もいらっしゃるかもしれませんが)。

ただこういった連中は意地でもすり抜けようとしますから当て逃げされる可能性も十分あります。自転車なんて逃げられてしまえば泣き寝入りのケース多いですからね。こうしたことを避けるために止まるときに気持ち右側によっておけばこのような心配も多少軽減されると思います。

3.運転中もチラチラミラーを見よう

あまり運転中前方以外の部分を見るのはよくないのですが、バックミラーとサイドミラーは常にチラチラ見ておいた方がいいと思います。というのもやはり後続車との車間距離を見ながら運転した方が追突される心配も減ります。

ちょうど交差点に進入するときに黄色に変わる場合、止まるのが基本ですが後続車との車間距離が近いと追突されるかもしれませんし、後続車のドライバーもヒヤッとしてお互いいい気持ちがしませんよね。

4.ハンドルを回すときはすぐに戻せるように回そう

これも教習所で習うことなので常識ではあるのですが、ハンドルを回すときは回る方向の手を反対側の手に重ねるようにスライドさせてから回すようにしましょう。

たまに腕を逆手にしてハンドルを回す方もいらっしゃいますが、これですと急ハンドルで避けようと思ったときに対応が出来ない可能性があります。常に何が起きてもよいように運転したいですね。

5.雨の日はライトをつけよう

雨の日は視界が悪くなります。特にバックミラー越しに後ろを見たり、横を確認するときにミラーが濡れてしまうと確認が難しくなります。ライトは前方確認だけではなく自らの接近を示す意思表示の役割もありますから、積極的に使いましょう。

もっとも最近の自動車はラインをAUTOの位置にいれておけば暗くなると自然にライトが付くようになっておりますから心配しなくても大丈夫だとは思いますが。

6.高速道路ではエンジンブレーキも使おう

皆さんは高速道路での運転の際に通常のブレーキを使用していますか?これも悪いわけではありませんが、できれば高速道路で急ブレーキする必要が無いのであればエンジンブレーキを使いましょう。

やはりペダルブレーキではブレーキランプがついてしまいます。ブレーキランプを見た後続車が慌てて急ブレーキをかけてしまうと追突の危険性もあり得ます。そこまで激しいブレーキが必要ないのであればエンジンブレーキも適宜使いましょう。

7.寒い地域でのサイドブレーキは慎重に

これは私がロシアにいたときにロシア人ドライバーから教えてもらったことなので日本ではあまり使う機会も無いとは思いますが、寒い場所でサイドブレーキを使うと凍結してしまうというお話です。

サイドブレーキは単純に物理ブレーキですから長い間止めておくと凍結して解除できなくなってしまう可能性もあります。そのため氷点下になるような地域ではあまり使わない方がよろしいかもしれません。もっとも普段はそんな心配はないのでしっかり使いましょう。

8.駐車場の角に止めるのはやめよう

これは駐車場にある程度の空きがあるときに考えていただきたいことです。角は止めやすいので止めがち(私はそうでした)ですが、角に止めると通過する車に当て逃げされる可能性が十分にあります。ショッピングに行ってきたのに帰ってきたら傷がついてたなんてことになったら嫌ですよね。意外にも駐車場でのトラブルは多いものなので気を付けたいですね。

9.左折時に右に膨らむのはやめよう

これ結構やってらっしゃる方多いのでは?左折時に右に膨らみすぎると対向車線の車との接触につながりかねません。絶対にとは言いませんができるだけやめましょう。

【番外編】ガソリンは満タンになっても意外に入る

番外編ということでしょうもない知識というか一部の方には常識かもしれませんが……車にガソリンを入れる際、満タンになって1回給油が止まってももう数回押すとまだまだ全然入る余裕があるんですよね。とはいってもほとんど変わりませんから少しでも多く入れたい方はぜひ試してみて下さい。あまり浅く突っ込みすぎるとガソリンが漏れますので気をつけましょう。

以上が私が個人的に気を付けている運転マナー(の一部)です。基本的には「周りのドライバーをヒヤッとさせない」安全運転を心がけているつもりです。繰り返しになりますが、これらは全て私の個人的な意識ですからあくまでご参考程度にしていただければ幸いです。

それでは皆さん今日も安全運転でいってらっしゃい!

ではではー。

IBK
鉄道、自動車、ゴルフ、テニス、クラシック音楽をこよなく愛しています。実はロシアに住んでいたことがあり、いつもロシアの地を夢見ている純粋な男子です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました