ハンブルクで駅撮り

こんにちは、課題に追われるIBKです。

今回は2019年に私がハンブルクへ旅した時にハンブルク中央駅で撮影した鉄道写真を少しご紹介します。当時あまりヨーロッパの鉄道に詳しくなかったので写真は少なめです。申し訳ありません。

ICE1。この時初めて本物を間近で見てインバータ音の大きさに驚いたものです。

チェコ鉄道のヴェクトロン。チェコからハンブルクまで走る特急があることが驚きですがこのデザイン私的にはかなりお気に入りです。

ICE-T 。ハンブルクは東ドイツ地区にも近いですからこのような列車が多いですね。

182型電気機関車。高速性能は発揮せず快速列車に準用されていました。

デンマークとを結ぶ国際特急。顔面のインパクトがすごいですが黒い部分がホロになっていて増結を容易にできるようです。

101型電気機関車。インターシティの牽引をする有名機関車です。最近引退がささやかれているとかなんとか。

101型の車内に乗せてもらえました。こんな子供を運転席に乗せてくれるなんてドイツ人は太っ腹ですね。もしくはアジア人が珍しかったのでしょうか。

個人的に驚いたのがこの倉庫のようなもの。落書きがものすごいですが右上をよく見てみると…

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E3941C2D-F976-413A-BC1C-E074D847AF16-1024x768.jpeg

なんとDeutsche Bundesbahn(西ドイツ国鉄)の文字が!こんなところでノスタルジーを感じるとは思いませんでした。言われてみればICE1だって西ドイツ国鉄のものですがこのような文字を見るだけで興奮しますね。日本で「日本国有鉄道」と書かれた施設を目にする機会が少ないからでしょうか。

最近ヨーロッパにも行けずつらい毎日ですが過去の写真を見て少しでも心を満足させています。これはこれでありですね。

ではではー。

IBK
鉄道、自動車、ゴルフ、テニス、クラシック音楽をこよなく愛しています。実はロシアに住んでいたことがあり、いつもロシアの地を夢見ている純粋な男子です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました