勝手にエア旅行 2

こんにちは、セドリックY34の納車を検討しているIBKです。

かなり前にヨーロッパでのエア旅行の記事を書いた記憶がありますが今回はその続きです。

前回はオランダからパリに入って終わっていたと思うのでそこから行きましょう。

パリからのルートはいくらでもあります。パリからロンドン方面のユーロスターに乗って偉大な島に上陸してもいいですし、スペイン方面へ足を延ばすのも良いでしょう。でも今回はスイス方面に行ってみましょう。

パリからスイス方面へはTGVが便利でしょう。最近フランス国鉄が夜行列車を復活させるとの話も巷で聞きますがそれに乗っていくのも良いですね。

スイスの玄関口はバーゼルです。TGVでバーゼルSNCF駅に着いたらちょっと観光しましょう。ちなみにバーゼルは有名なテニス選手、ロジャー・フェデラーの出身地でもあります。

スイスで物価の高さに驚いたらインターシティに乗ってチューリッヒに向かいましょう。チューリッヒまでは1時間弱の道のり、ヨーロッパでは一瞬です。チューリッヒ近郊にはハイジの村として有名なマイエンフェルトがあります。ローカル線しか止まりませんが一度足を運んでみるのも良さそうです。チューリッヒはスイス最大の都市です。チューリッヒ湖の沿岸に位置し、歴史的な博物館や劇場が数多く存在します。2日は観光していても飽きないはずです。

さてチューリッヒで観光したら南下してイタリア……はもう少し置いといてオーストリアに行ってみましょう。チューリッヒからオーストリア国鉄ご自慢の特急列車レイルジェットに乗れば5時間半でザルツブルクに到着します。ザルツブルクは日本でも有名ですね。ウィーンに次ぐ音楽の都としてその名を世界に広めていきました。モーツァルトが生まれたのもザルツブルクです。また1960年代に公開された「ドレミの歌」などで知られるミュージカル、サウンド・オブ・ミュージック』の舞台となった場所です。美しい街並みと歴史をめぐる旅なんていかがでしょう。

さてザルツブルクに到着したところで今回は終わります。というのも私以外に忙しくて…。またマイペースに更新していきます。

ではではー

次回予告
IBK
鉄道、自動車、ゴルフ、テニス、クラシック音楽をこよなく愛しています。実はロシアに住んでいたことがあり、いつもロシアの地を夢見ている純粋な男子です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました